提携

佐々木優太 講演/講師講演講師ハーモニカ演奏者タレントギター演奏者シンガーソングライターミュージシャン作曲アーティスト作詞クリエーター

ジャンル
歌手ラジオパーソナリティポップスフォークボーカル
楽器
ハーモニカギターアコースティックギター

佐々木優太(ささき ゆうた)

 

 

☆シンガーソングライター、歌、ギター、ハーモニカ、作詞、作曲、神社巡拝家、講演会講師、ラジオパーソナリティー

 

★ポップス、フォーク

 

 

<プロフィール>

 

生年月日 1984年7月7日生まれ

出身地 兵庫県加古川市

サイズ 身長/175cm 体重/70kg

血液型 B型

 

中学生最後の冬休みに、姉の友人にハーモニカを買ってもらい、初めて楽器に触れる。
その5ヵ月後にギターも譲り受け、独学で練習を始める。
その後まもなく、「人の曲は上手く唄えない。」という理由から、作詞作曲を始める。

二十歳になる年にギターと3万5千円だけを持って上京。

20代前半は高円寺の風呂無し4畳半一間で生活しながら路上やライブハウスでの音楽活動を続ける。

20代半ばは好きなギターの本社へ社長に会いにカリフォルニアまで赴いたり、鹿児島から東京までライブや、神社を巡りながらの旅をしたりと、多くの人に出会い助けられ貴重な経験をする。

熱く巧みな話術で聞く人を魅了し、横浜コミュニティラジオFMサルースで放送中の自身の番組「佐々木優太ミュージックデニッシュ」は放送開始6年目を迎え、NHK千葉「ひるどき情報ちば」もレギュラーとなり4年目に突入。

最近では、講演会やセミナーの依頼も急増している。
また、雑誌2誌の連載(神社専門誌WAGO/月刊オートバイRIDE)も好評を博している。

旅、人との出会い、人間としての悩みをテーマとした歌を作り、現在は横浜と兵庫の週2本のラジオ番組でパーソナリティーを務める他、都内を中心とした全国で音楽活動を行っている。

その他にも中学校や高校からの依頼で合唱曲の提供、自身のライブやホームルーム、不登校児の自宅への家庭訪問などの活動を積極的に行っている。

 

 

【神社文化研究家として】
平成22年の9月に突然思い立ち伊勢神宮を参拝。その時に購入した御朱印帳がきっかけとなり、神社巡りを始める。

当初は大きい神社や有名な神社を中心に回っていたが、祀られている神様の違いや神社の名前の共通点に興味を持ち、無人の神社等、大小関係なく全国を回り始める。

平成26年4月現在、2800社以上の御朱印を収集。

神職がいない神社や朱印のない神社を合わせると10000社以上を参拝していて、現在も進行中。

全国の神社を回るなかで、現地の住人に土着の信仰や伝承などを聞いたり、神職の方々から神話や祭事の情報を収集。

神殿の建築様式や土地によっての解釈の違い等も、全国を回る上で知識を深めている。

《参考映像》https://www.youtube.com/watch?v=pbIHTfprrZg

 

<主な活動>

【CD】

2007年「見えなくても聞こえなくても優しさにかわりないのさ」

2008年「明日に向かう」

2008年「あの空はまだか」

2010年「東高円寺」

2012年「ベガとアルタイル」

2013年「弾語魂(ひきがたりだましい)」

2014年「環情」

2018年「旭に福風」

 

 

 

【ラジオ】

「佐々木優太のミュージックデニッシュ」 FM Salus

「佐々木優太のYU-TA MON DESSE」 BAN-BANラジオ

「HAPPY ROCK JAM」 BAN-BANラジオ

 

【雑誌】

「神社専門誌WAGO」

「月刊オートバイRIDE」

 

<公式HPなど>

http://www.sasaki-yuta.jp/

 

<< Artists