提携

ESPERANZA アーティストオカリナフルート演奏者

ジャンル
クラシックジャズポップスロック
楽器
オカリナフルートベース

ESPERANZA(エスペランサ)

奥田良子 兵庫県出身/奥田勝彦 鳥取県出身

 

☆奥田良子:フルート、オカリナ/奥田勝彦:ベース
★奥田良子:クラシック、ポップス、ジャズ/奥田勝彦:クラシック、ポップス、ジャズ、ロック

2001年7月、フジテレビ奇跡体験アンビリーバボーに「クローン病との闘病と再出発〝愛という名の奇跡″」が放映されたことをきっかけに、奥田良子(フルート・オカリナ)と夫である奥田勝彦(ベース)で結成。
活動開始から12年の2013年4月、沖縄公演を経て、全国47都道府県全て、通算1000回を超えるトーク&コンサートを達成した。 コンサートでは、クローン病という病によって音楽家への路を閉ざされた挫折から、再び音楽で社会復帰を果たした自身の経験を「愛」「希望」「幸せ」「感謝」という思いを込めて伝えている。親しみ深い選曲に時の経つのを忘れ、ふたりが奏でる音の世界は「心に響く愛の音色」と毎回評価されるほど、深みのあるアンサンブルである。また、2014年8月2日には7年ぶりのリサイタルを芦屋ルナ・ホールで開催し、大盛況のうちに終える。 1st ALBUM[ESPERANZA]も好評発売中!

<プロフィール>

奥田 良子(フルート&オカリナ)
大阪音楽大学卒業後、全国で演奏活動を展開。将来を期待されるが、在学中発病した厚生省指定難病「クローン病」の悪化により、演奏活動を断念。7年間の閉じこもりを経て、社会復帰とともに音楽活動を再開。現在は夫である奥田勝彦と「エスペランサ」を結成。全国各地でトークコンサートを始める。神戸弁でのトークは「優しさ」と「癒し」を感じ、その中で発せられるメッセージは聴く人の心に響くと評価されている。演奏活動再開とともに始めたオカリナ演奏は特に好評で、近年はオカリナ奏者としての依頼も増えている。難病を乗り越えての演奏活動は、様々な新聞や雑誌、また、フジテレビ「奇跡体験アンビリーバボー」テレビ東京「生きるを伝える」日本テレビ「24時間テレビ」などで取り上げられている。

 

奥田勝彦(ベース・アレンジ)
1973年よりプロとして活動を始める。その後、優れたテクニックと音楽的センスが評価され、スタジオミュージシャンとして活躍。また、坂本スミ子氏、尾崎紀世彦氏をはじめ、多くの歌手のサポートをてがける中、やしきたかじん氏のバックバンド「フライングリバティ」のリーダーを14年間勤める。様々なジャンルを巧みに演奏できる技術と独特の響きある音色は、エスペランサのステージで惜しみなく披露され、聞く人の心を捉えている。現在は自己のバンド「サムシングスペシャル」で精力的にライブ活動を行いながら、難病を持つ妻を心身ともに支え、夢の実現のサポートをしている。「エスペランサ」のアレンジ、プロデュースを担う。

<参考映像>
生きるを伝える (テレビ東京)
http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie17.html
ひだまりの詩
https://youtu.be/y2qInAO_xJM
ダッタン人の踊り
https://youtu.be/zgFACCjMOsM

事務所
http://capsent.com

オフィシャルHP
http://www.esperanza-okuda.com/
夫婦珍道中フェイスブックページ
https://www.facebook.com/esperanzablog

<< Member